朝倉 駿の【よろしくROCK】

あふれる言葉をたらたらと。

ぐるぐるぐるぐる

おす、俺。

夜kisekiスタジオという事に1日の重点を置いて生活した。

車の移動時間も休憩合間の無駄話も全てが愛おしく感じる。

なんてのは嘘、だけど本当。

一分一秒だって油断できないし面白い。

常にどこかにプラスになるものがあると思うと気を抜けない、って言いつつ自然体だし楽しんでるし変な感じだなあ〜。

 

スタジオの録音音源を聞いている。

どんどん形になって形成されていく様がイヤホンからスピーカーから耳に届いて形成されていっているな〜。

嬉しい。

曲になっていくのだ。

大樹に言われる前から俺も気付いていたけど演奏中にずっとニヤニヤしているみたい。

はっきりキモいと思う。(笑)

ただまあ嬉しいのだ、とにかく。

もちろん薄れていく感覚なんてことはわかっているけど何ていうか"どうせ"とか"今だけ"とかそういう言葉を使いたくない。

そんなんある程度知ってるしこちとら10年位バンドという物を続けているのだ。

なれる瞬間も飽きる瞬間もそりゃあある。

でもまあ今がずっと続けばそれは自分なりの永遠だとも俺は思うしそんなの夢だとか言われそうだから叶えてみたいものがまた増えたな〜とふと思った。

 

今は早く聞かせたいな〜と言うのが強いし、ライブしたいな〜。

もうしばらくしてないや。

だから明日の弾き語りは気合入っている。

不安要素なんて腐るほどあるんだけど人前で演奏できる事に喜びを感じながら責任持ってやろうと思う。

 

そんなわけで今日は短め。

毎回長いと飽きるでしょ。

っていうかこれでも長いよな!

 

おやすみなさい!

広告を非表示にする