朝倉 駿の【よろしくROCK】

あふれる言葉をたらたらと。

ジタバタ

なんだか久々。

期間が空くとどこから書いていいんだろうか。(笑)

 

9月に入って弾き語りを2本。

どちらも得るものがあった。

毎度毎度の反省と良かったことと両方あって身をもって痛感したものがあった。

なんだか早口になるとか、歌のここがこうとか。

まぁそれより何より嬉しかったのはスバルが見にきてくれて歌褒められたこと。

嬉しかったけど身が引き締まる思いだ。

まだまだ。

全てに感謝である。

 

それで9/3はDATSUN320の復活を見に渋谷へ。

お客さんもたくさん入っていてイベントをしたピアノゾンビさすがだな〜と思った。

ライブの前にソライアオ山ちゃんとsumika健太君もいてワイワイ。

SEが鳴ってメンバーが登場して1曲目の町景色でなんだか鳥肌が立ったと言うか、本当に好きな曲で単純に嬉しさがこみ上げたことと、ダットサンとかソライアオとかsumika、いやbanbiだな。(笑)

とかとか、花団いたりしてもうそれは完全に俺が二十歳位の時に一緒にやりたかったメンツなんだよね。

なんだかあの頃が一瞬フラッシュバックしてすごいこみ上げるものがあった。

皆形態は変わったり、ペースは変われどこうやってここで集まって曲を聞けて、ライブを見れて、同じ空間にいれる喜びというか。

別にいいのだ、もう音楽どうこうやってなくても。

それでも皆続けてたり辞めたり始まったり。

その中の一つでしかないんだけどそういう日に立ち会えたこととか嬉しく思ったし、解散とか活休とかその時は悲しいけど前向きなものであればこういう事もあるわけだし否定的になるのは良くないな〜と痛感した。

そして何より良いライブだったな〜。

新曲も一曲だけ聞けてそれもまた良かった。

絶対一緒にやりたいなぁ〜。。(笑)

終わってひとしきり挨拶。

かずひろさんにボーカルやるのかすげーなとか言われたけど自分だってそうじゃないですかって食い気味に突っ込み。

 

明日からレコーディング。

どんな感じになるのか。

未知数。本当にわからないけど一つ言えるのはめっちゃ楽しみだなー。

持てる力100ぶち込んできますっ。

あーばよっ。

 

広告を非表示にする